通常吸っている酸素との違いはどんな点がありますか?

2020.12.07

私たちが通常の呼吸で取り入れるのは「結合型酸素」と呼ばれ、酸素カプセル内で取り込めるのは「溶解型酸素」と呼ばれ、分子が小さいのが特徴です。結合型酸素では入り込めない細い毛細血管やリンパ液にまで浸透して酸素を供給できます。